部分痩せダイエット-ココヤセ!

顔・二の腕・お腹・お尻・太ももなどの部分痩せダイエット法を紹介しています。

二の腕ダイエット 簡単にたるみを引き締めます

   

二の腕ダイエット 簡単にたるみを引き締めます

腕をあげた時に目立つ二の腕のプルプルしたたるみは、なかなか引き締めるのが難しくて女性には悩みの種ですよね。

私も日常では鍛えにくい場所だけに夏場は袖の短い服をついつい避けてしまって、ショッピングに行って気に入ったデザインの服でもふと二の腕を見てあきらめていました。「目指せかわいい服!」といろいろ調べてみました。

二の腕をどうやって鍛えよう?

どうやら二の腕を引き締めるにはインナーマッスルを鍛えるのが良いようです。どうやって鍛えるといいかさらに調べると、壁をに手をついて腕立て伏せなどの筋肉トレーニングの方法が出てきました。しかし忙しくて筋肉トレーニングをしている時間がない。自分の時間は好きなことをしたい。という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も3日坊主というかちょっとでも仕事が忙しくなるとトレーニングすることを忘れてしまうタイプで長続きしませんでした。

簡単に鍛えるにはどうする?

そこで日常の動作でできるものはないかもう一度調べてみると、ありました!しかもとっても簡単でした!

床に座っている時に何かに寄りかからず、肘を伸ばした状態で腕を後ろについて体を支えるだけ!

実際テレビを見ているときにやってみました。初めのうちは余裕でだったため「本当に効くの?」と思っていましたが、10分くらい経ったころに腕を体の前に戻してみてびっくり。筋肉痛のような感じではありませんでしたが、筋肉を使った後の疲労感が二の腕にあったんです!

これなら毎日のテレビを見ている時間にこの姿勢をするだけ。

私は1日にできる時間はまちまちでしたが、2~3週間くらい続けていると長い時間でもできるようになってきて、試しに鏡で二の腕を見てみたら心なしか引き締まって見えました。仕事で荷物を持ち上げる作業も以前より楽になりました。

もっと短期間で鍛えたい!

普段過ごしている姿勢を変えて腕で支えるだけというのは簡単ですが、時間をかけてゆっくり鍛えていく方法です。

効果が出てきたことが嬉しくてもっと効果が出ないかと、体を支えた体制のまま腕立て伏せのように肘を曲げ伸ばしすると、効果抜群!

支えるだけの時よりも二の腕の筋力使っている実感がありました。

さすがにこちらはたくさんはできないので、体を支えることと合わせて毎日テレビを見る時間にやってみたら、より引き締まるのが早くなりました。

長続きしにくい私でも続けられて、やることも簡単なのでこれなら来年の夏はショッピングやファッションを楽しめそうです。

 - 二の腕痩せ